Search


Archives

2011年2月28日

月曜日からお酒で反省

月曜日からブログに書くことじゃないんですが、最近めっきりお酒が弱くなりました。

飲む機会が増えて、肝臓が弱っているのかなぁと思います。
個人事業主は体が資本と思いながらも、体に悪い事ばっかりしている気がします。
γ-GTPの値もお医者さんから注意されていますしねぇ。

月曜日からお酒で反省しております。

2011年2月27日

一日中眠いパオパオ

パオパオネタが2日続きますが、陽気がよくなって一日中眠いみたいです。

ダラダラ犬になってきました。
さすが、メンタルヘルス部長です。

110227.jpg

2011年2月26日

大府の公園でリラックス

2月の大きな仕事が終わったので、ちょっと一息で大府の公園にパオパオと出かけました。

110226-01.jpg

かみさんのフットサルの練習につきあっていたら、ほっとかれたと思ったのかパオパオがちょろちょろと参加してきました。

でも、パオパオにとっては、ボールは等身大の岩石のよう。
必死に逃げ回っていました。

110226-02.jpg

そうこうしているうちに、「ボールなんかで遊んでいないで、ごはん下さい」という目で見てきたので、パオパオはそのまま食事となりました。

110226-03.jpg

2011年2月25日

ITベンチャーセミナー「HTML5で変わる世界」

名古屋産業振興公社/新事業支援センターでITベンチャーセミナー「HTML5で変わる世界」を行いました。
私はコーディネータと司会を務めさせていただきました。

コーディネータというのは、セミナーの企画、および講演者の選択・依頼です。

今回、W3Cの深見さんと、MozillaJapanの浅井さんというビックネーム二人に講演者をお願いしたので、聞き届けてもらえるか心配でしたが、お二人とも快く引き受けてくださいました。

定員80名のところ120名近い応募があり、2週間前に締め切ってしまうという事態が起きました。
もっと、大きな会場をとればよかったと、スタッフ一同で残念がったものです。

当日は、お二人のキャラクターがよくあふれた、素晴らしい講演で、参加して下さったお客さんにも喜んでいただけたようです。

これからも動向をおっていくべき技術ですので、私も「ビジネス視点でのHTML5」の観点で追いついていきたいと思います。

2011年2月24日

「データセンターの業界分析」最終プレゼン

4か月程かかった「データセンターの業界分析」の調査・整理の仕事の最終プレゼンが終わりました。

日々、変わる情報の中でストーリ作りは苦労しましたが、なんとか業界構造分析(5フォース分析)で最後の考察まで辿り着くことができました。
最終プレゼンでは、質問もたくさん出て盛り上がることができたので、自分としては大変満足しています。

これで、「ソフトウェア見積もり」と「データセンターの業界分析」というちょっと私にとっては難しかった2つの仕事が完了しました。
少し、肩の荷が下りた気がします。

2011年2月23日

名鉄有松駅で降りれず東岡崎駅まで

同友会の支部役員会が今のメンバーでは最後ということで、そのまま飲みに行きました。
心地よい飲み会でした。

ちなみに明日も同友会の飲み会です。

同友会の飲み会が無条件にいいわけではありませんが、それでもみんなで、真面目に話した後のお酒は最高です。

最高すぎて、名鉄有松駅で降りるところを、東岡崎駅まで行ってしまいました。
終電もないし...

2011年2月22日

城田真琴さんのクラウド講演

情報化サミット2011で城田真琴さんのクラウド最新動向について講演を拝聴させていただきました。

思えば、クラウドに関して初めて知ったのは城田真琴さんの著書『クラウドの衝撃』でした。
タイトル通り、「これは自分の仕事も変わってくぞ...」とよく状況がつかめないままに思ったものでした。

その後、自分でもクラウドの話をするようになり、ますますその理解を深め、今は実践の時なんだと感じるようになっています。

個人で使うクラウドから企業で使うクラウドまで...
様々なクラウドがでてきて、ちょっとまたわかりにくくなってきている気がします。
クラウドの本質というか、クラウドを活用したときの目的の本質を忘れないようにしたいですね。

2011年2月21日

データセンター調査&プレゼン準備追い込み

データセンターの調査&プレゼン準備の最後の追い込みです。

もともとタイトなスケジュールでしたが、最終週的には予想以上に厳しくなりました。
また、難しい仕事だと思っていましたが、こちらも予想以上でした。

もうあと2日です。
もう一回気合を入れてのりきらないといけないです。

2011年2月20日

GalaxySのSkypeでコンサル

大分のお客さんへGalaxySのSkypeでコンサルしました。
auがIS03の発表時に"禁断のアプリ"といってSkypeをPRしていましたが、今ではAndorid端末で気軽に使えるソフトになりましたね。

パソコン版、Skypeを使う時は、パソコンの前に座って話さないといけませんでしたが、スマートフォン版のSkypeならば、ポケットに入れて歩きながら(例えば資料を探しながら)話すことができます。

音質もとてもきれいで、便利な世の中になったと思います。

ちなみに、途中でiPodTouchのSkypeに切り替えましたが(GalaxySが別の件を着信してしまったので)、こちらもいいですね。

2011年2月19日

同友会の第一支部合同例会

同友会の支部合同例会でした。
いろいろな企業の話を聴けたことは、とてもよかったです。

そして、講演を2本立てできけたことがラッキーでした。
2本とも素晴らしい講演でしたが、特にクラウドツールの活用はいろいろなヒントをもらえました。
その講師である朴さんと金江さんです。
講演前にリラックスされています。
110219.jpg

そのまま夜は診断士の勉強会へ。
これからのテーマを決めるために、中小企業の課題について話し合いました。

ただ、ちょっと議論が発散してまとまらなかったので、結論は次回に持ち越しという感じです。

2011年2月18日

重いプレゼン2連発でぐったり

相手の「興味、関心、価値観」を短い時間で読み取って、それで研修の流れをコントロールすることが大切だと思います。
一日、重い仕事の連続で、久々にぐったりしていました。

午前中は「ソフトウェア見積もり」に関する調査結果としての最終報告会。
「ソフトウェア見積もり」は非常に奥の深い世界でした...というか、まだまだ自分は知識が足りていないと思います。
それでも、パワーポイント200枚以上に、「ソフトウェア見積もり」に関しての現在の動向や、手法のまとめ、更には開発プロセス毎の考察を入れられたのは、自分のスキルアップになったと思います。
この機会を与えてくださったお客さん感謝です。

午後は2/24に行われる「データセンターに関する業界構造分析」のプレゼンに関する打合せでした。
データセンターに関しては、表面的な情報は色々と出てくるのですが、本質的な情報はリスク回避の意味もあってなかなか出てきません。
そんな中で苦労しながら、なんとか「業界構造分析(5フォース分析)」まで行きつけたのは良かったです。
もうひと頑張りで、2/24のプレゼンを乗り切りたいです。

2011年2月17日

データセンターのまとめ苦戦中

「データセンター」のまとめがなかなか完成しません。
業界構造分析をしているのですが、さまざまなソースから情報を集めているので、矛盾している事実が出てくると消化しきれないのです。

本来であれば、仮説をたててからそれを確かめるために情報を集めるのすが、仮説が曖昧すぎて仮説になっていなかったのかもしれないと反省しています。

ただ、せっかく集めた情報ですので、それを素直に見つめて、私なりの考察をしたいと思います。

2011年2月16日

パソコンの買い替え時期って

最近よくパソコンの調子が悪いという状況にあたります。
たまたまということもあると思いますが、ちょうど5年ぐらい前に買ったパソコンが多いことから、5年ぐらいがパソコンのひとつの寿命なのでしょうか?

もちろん、延命および復活処置はいろいろ施せる状況のモノが多いので、買い替えというわけではないです。
ただ、ほとんどのOSがWindowsXP(もしくはWindows2000のところも...)ということを考えると、5年ぐらいで買い替えを考えるタイミングとしては良いのかもしれません。

「パソコンが調子が悪いとほとんとの人がイライラする」というアンケート結果が以前ネットにあがっていました。(すごいアンケートですね)
また、パソコンが調子が悪いと作業効率が落ちてしまうので、見えない損失をいろいろとしていることに留意するとよいと思います。

2011年2月15日

iPadをプレゼン用の出力装置として使う

午前中は顧問先で「社長の想い」をいろいろとお話し願いました。
社員さんもいる前で、自分の考えている問題点も合わせて話すということは勇気のいることです。
ますます、微力ですが力になれたらなぁ、と思いました。

ちょっと話は変わりますが、そのコンサルの最中で2~3名へのプレゼンで手軽にできる方法はないかなぁと思いました。

私のプロジェクターは5年前ので大きいので、持ち運びに不便なのと、小さな場所でのプレゼンでも仰々しきなってしまうという問題がありました。
プロジェクターは小さいのを買うつもりですが、それまで小さな画面でよいので、つなぎとして簡単に写せるプロジェクタが欲しかったのです。

プレゼンで写すものは主にPowerPointなのですが、マインドマップをその場で書いたりもします。
最近は出来上がったPowerPointやマインドマップをPDFにしてiPadでプレゼンしていましたが、書き足したいことがありKeynoteやiPad用のマインドマップソフトをつかったりしていましたが、できれば既存の資産を使いたいという気持ちがありました。

そこで、ノートパソコン(MacBookAir)の画面をiPadに表示してプレゼンする方法を試したところ、予想以上にサクサクと動き使いやすかったです。

具体的にはAirDisplayというソフトを使って無線LAN(PocketWifi)経由で、MacBookAirの画面をiPadに送るのです。
AirDisplayはデフォルトだとセカンドディプレイになるので、設定で「ディスプレイをミラーリングする」とすれば、MacBookAirとiPadで同じ画面が表示されます。
110216-02.jpg

Parallelsを使ってWindowsも動くので、ちょっとプレゼンの幅が広がりそうです。
110216-01.jpg

2011年2月14日

中小企業支援もコロコロ変えない方がよいと思う

中部経済産業局で中小企業支援ネットワーク強化事業の説明会に行ってきました。
今年度は中小企業応援センターという事業がありましたが、その事業に近いと言えば近い事業です。

ただ、実際のところは、またいろいろなことがあいまいでよくわからないままでした。
中小企業支援もやり方がコロコロとかわり、なかなか成熟というわけにはいかないようです。

背景には事業仕分けもあるようですが、中小企業支援の今のやり方をブラッシュアップしながら成熟させていくという考え方も必要と思います。

2011年2月13日

パオパオ目つき悪すぎ・・・

パオパオ、寝起きだからって目つきが悪すぎるよ...

110213.jpg

2011年2月12日

人を採る...難しさ

午前中はカウンセリング、午後からは「会社案内の企画書レビュー」で、動き回っていました。

特に、就職に関しては、学生の苦悩がクローズアップされていますが、中小企業の採用の難しさも深刻です。

人を採るということは、莫大な投資です。
財政状況が厳しい中小企業が多い中、少しでもよい学生を取りたいという気持ちが、採用を臆病にしている気がします。

単純に、学生もしくは企業に問題があるというよりは、もっと根深い構造的な問題だと思います。

...かといって「他責の問題」で片づけていては、世の中は変わりません。
この深刻な構造的な問題の中、自分たちのできることはなんだろう(それがたとえ大きな影響力はなくても...)と考え続けなければならないと思います。

2011年2月11日

今年は、本当によく振るなぁ

今年は、本当によく振りますね。子供が前の公園で雪合戦をしていました。

今日は事務所で巣篭りなのでよいのですが、明日の2件のお客様に辿り着けるかが、心配です。

2011-02-11 10.28.11.jpg

2011年2月10日

「提案・企画書のセミナー」4日目と「データセンター」プレゼン

ちょっとハードな一日でした。午前中は「データセンターに関する調査」の事前プレゼンテーションでした。

今回、帰納法的に情報を整理しまとめが難しかったですが、業界構造分析(5Force分析)のフレームワークを活用したところ、何とか整理ができました。
あとは、本番の2/24にむけて、A3まとめ資料を作るだけです。

午後からは、「提案・企画書のセミナー」4日目(最終日)です。
最初は少し手ごたえが感じられませんでしたが、だんだんと手ごたえも感じられるようになり最終的には、うまく伝えられたと感じています。
4日目といっても、本当にあっという間ですね。

2011年2月 9日

「提案・企画書のセミナー」3日目

研修も3日目になり、かなり手ごたえを感じるようになってきました。

とても大切と感じたことは、あたり前ですが「研修名称と内容の適合度」です。
今回の研修にはPowerPointというキーワードが前面にはいっているため、当然ですがそのテクニックを知りたい方も多く集まっていると思います。

ただ、内容としては「PowerPoint中級」というタイトルであり、どちらかというとストーリをどう作るのか?、どう図解するのか?ということがメインテーマなのでややアンマッチをおこした気がします。

明日が最後ですので、気持ちよく完了したいと思います。

それとは別件ですが、明日は午前中に「データセンター」に関してもうひとつプレゼンがあります。
この準備のために、研修後客先に行っているのですが、少し疲れもピークのようです。

明日をまず乗り切れば...、と思い頑張ります。

2011年2月 8日

「提案・企画書のセミナー」2日目

昨日に続いて、「提案・企画書のセミナー」です。

昨日は、ちょっと手ごたえが感じられなかったと反省をしておりましたが、本日は手ごたえをとても感じました。
やはり、一日のセミナーを半日ずつ2回に分けて行っておりますが、一日分が完了したときで判断すべきだと感じました。

・・・ということは、二日セミナーとかで翌日に続くという場合も、その日単体で関心を持てるようにする(つまりある程度の完結する)ことは大切と感じました。
また、翌日への「期待」も当然入れ込んでいく必要があります。

私の持論は「楽しく学ぶ」です。
楽しく学べないと、どれだけよい事を伝えても相手の耳に届かないのです。

ただ、「楽しく」という意味はいろいろあります。
研修ですので、決して漫才やコントをするわけではなりません。

相手の「興味、関心、価値観」を短い時間で読み取って、それで研修の流れをコントロールすることが大切だと思います。
私には、まだとてもできませんが・・・

2011年2月 7日

「提案・企画書のセミナー」1日目

今日より4日間の図解に関する研修講師です。
前回も担当させて頂いたのですが、好評だったとのことでリピートを頂きました。
テーマは「提案・企画書の作成」です。

ただ、気になるのは前回に比べてやや反応が悪かった気がしました。
PowerPointとも銘をうっているので、その部分が少ないと感じられてのかもしれません。

前回は、前半(ストーリ作り)・後半(図解技法)を一日で行ったのですが、今回は、前回と異なり、半日筒前半・後半を別日に行います。
PowerPointは後半部分に集中しており、PowerPointが出てこないなぁと思ったのかもしれません。

明日は、後半部分ですのでPowerPointがたくさんできてきます。
これでも、なんとなく反応が悪かったら、別の要因なのでしょう。

比較的、どこで行っても好評をいただいているテーマですが、反応が悪いときは何か理由がります。
それを分析し、研修をより良くしていかないといけないですね。

2011年2月 6日

体と一緒で、頭も疲れるもの

データセンターの調べた内容をA3の1枚にまとめておりますが、なかなか思うように進みません。
情報が多すぎるのと、情報が日々変化するのとで、まとめ作業が難航しているのだと思います。

最近齢をとったのか、ずっ根を詰めると思考停止がおきます。
週に一日は頭を休めないといけないなぁと最近はよく思います。
体と一緒で、頭も疲れるものです。

久々に長編ドラマをレンタルしてきて見始めてしまいました。
「孫子兵法」という中国のドラマですが、結構面白いです。
ただ、後で全部で50巻100時間以上あることを知って呆然としています。

気が向いた時に見れるところまで見ようと思います。

2011年2月 5日

パオパオは今日もみんなを癒す

パオパオが、温泉(ペット用のマイクロバブル)に行ってから、ちょっと調子が悪いです。
どうも、お店で、他のワンちゃんに吠えられたらしくて、夜とかそれ思い出しているのかガタガタ震えています。

2日たって、ようやく元にもどって元気になってきました。
元気になれば、いつものようにみんなを癒すます。

110205.jpg

2011年2月 4日

最近のサポートの対応は迅速かつ親切

新事業支援センターでパソコンが起動しなくなったとのことで、調査を行いました。

通常パソコンが起動しなくなっても、最近はLinuxのCD立上げや、USB立上げでなんとかデータは救える場面が多かったです。
ただ、今回は、BIOSすら立ち上がってこないことでCD立上げや、USB立上げまでいけませんでした。

やれることは全部しようと、緊急立上げのFDもつくりましたが、当然NGです。

次にBIOSが立ち上がってこないので、CMOSのクリアもやや不安でしたが試してみました。
それもダメでした。

ノートパソコンだったので、中を調べにくかったこともよくありませんでした。

悪戦苦闘の結果、結局マザーボードが悪いのだろうと想定して、修理に出すことにしました。
すると、状況を聴いたサポートの人が「マザーボードを交換します」と一言。
最近のサポートの対応は迅速かつ親切ですね。

2011年2月 3日

帰納法からの結論の難しさ

ストーリの組立には演繹法と帰納法があります。

演繹法とは一般的原理から論理的推論により結論として個々の事象を導く方法です。
帰納法とは個々の事象から、事象間の本質的な結合関係(因果関係)を推論し、結論として一般的原理を導く方法です。

現在行っている「データセンターの調査整理」は帰納法で行っています。

帰納法は、なかなか因果関係を見つけることが難しかったり、因果関係の根拠がとんでいたりして結論を導くことが難しいです。

特に、ある程度仮説をもって情報を集めないと、情報は集めたけど互いに矛盾し合っているということが起きてしまします。

「データセンターの調査整理」はあと「まとめ」だけなのですが、ここでヒトヤマきそうです。

2011年2月 2日

4つの中小企業支援機関連絡会議

愛知、岐阜、三重、名古屋の中小企業支援機関4つが集まる会議に参加しました。
企業紹介、支援機関の状況と会議は進むのですが、やっぱり一番有意義なのは、懇親会です。

中小企業支援をしている人たちをみると、どの機関の人も人格者です。
そんな人たちと打ちとけて話せる機会があるのはとても幸せなことです。

会場の割烹の中庭はとても情緒があり素敵でした。

110202.jpg

2011年2月 1日

知り合いの同窓会に紛れ込ませて頂きました

知り合いの方の紹介で、その同窓会に紛れ込ませていただきました。
同窓会といっても年に何回も行っているそうで、参加されている方もみな名前をしっている著名な方ばかりでした。

特に私は今「データセンターの調査」をしており、是非とも知り合いになっておきたい方がいらっしゃったので無理言って参加させていただけました。
著名な方ばかりでしたので、少し緊張していたようですが、若造の私でも、みな同等のように扱ってくださり、とても楽しい回でした。

みんな、高校の同級生とのことですが、50年近くお付き合いが続いているって素晴らしいことだと思います。
うらやましく思いました。