[事務所TOP] [上へ戻る]

ポイント:サーバーのメールを直接操作、ツール、POP、ヘッダー部分、IMAP

サーバーのメールを直接操作する


 お客さんからある相談を受けた。「メールを受信しているのだが、途中でとまってしまう。どうやら、巨大な添付ファイルをダウンロードしていて、止まっているようだ。それ以降のメールが受け取れないので、サーバーのメールを削除したいがどうすればいいのか?」これは、自分でも同じような経験をしており、調査した結果、よりフリーソフトをみつたので、紹介したい。

 まず、POPという言葉を聞いたことがあるだろうか。POPとはメールの受信サーバーである。SMTPという、メールの送信サーバーとセットで使われることが多い。POPはユーザがタイトルや発信者を確認する前に、クライアントPCが全メールを受信してしまう。その為、先のような相談が発生する。ただ、POPであっても、メールソフトによっては、メールの全文を一気に受け取らずに、ヘッダー部分(メールの冒頭部分)だけを受信する機能がついているものもある。その場合は、小容量であるヘッダーだけを先にダウンロードして、添付ファイルも含めて全文をダウンロードするかを取捨選択できる。

 ただ、今回相談を受けたメールソフトはOutlookExpressであり、ヘッダー部分だけをダウンロードする機能はついていなかったと思う(もし、やり方をご存知の方がいらっしゃたら、是非教えてください)。依然私が同じような状況に陥ったときには、サーバーに直接ログインして、巨大な添付ファイルのメールを削除した。しかし、サーバーを直接操作するのはそれなりの知識が必要であり、万が一失敗すると、周囲に大きな迷惑をかけてしまう。

 ここで、便利なフリーソフトを見つけた。nPOPというソフトである。このソフトはメールサーバ(POP)上のメールを表示し、また不要なメールは削除することが可能である。同時にクライアントPCに保存することも可能である。このソフトであれば、自分のメールアカウントだけを、サーバーで直接操作可能であり、周囲に迷惑をかけることもないと思われる。ちなみに以下のアドレスでダウンロードが可能である。

http://www.nakka.com/soft/npop/

 今回は「サーバのメールを直接削除したい」という要望であったが、このnPOPはFD1枚に入る容量である。複数のマシンを利用する環境であったり、1台のマシンを複数人で使用している場合には、非常に重宝される。わたしは、USBメモリに入れて、複数のマシンでメールチェックできるようにしている。このような使い方も是非提案したい。

 今回は受信サーバPOPについての話をしたが、受信サーバはPOPだけではない。IMAPというものもある。IMAPメールはサーバ上のメールボックスで管理され、タイトルや発信者を見て受信するかどうかを決めることができる。IMAPならば、今回の相談は即解決することになる。ただ、現状では、まだPOPが主流をしめている。余談であるが、POPを使うとパスワードがネットワーク上をそのまま流れるため、通信途中で盗まれるかもしれないという危険性がある。この弱点を改善し、パスワードのやり取りを暗号化したものをAPOPという。

 IMAPもAPOPもかなり普及してきているので、導入の検討をすると良いと思う。

2005年2月7日 宿澤直正


[事務所TOP] [上へ戻る]

Copyright (C) 2005 宿澤経営情報事務所