[事務所TOP] [上へ戻る]

ポイント:Web2.0、参加型アーキテクチャ、マッシュアップ、ロングテール、フォークソノミー、タギング、ソーシャルブックマーク

Web2.0とは、そしてWeb2.0にからむ現象


Web2.0ってナニモノ?

 最近周囲でWeb2.0についての話題が飛び交うようになっています。Web2.0の紹介記事は百花繚乱ですね。正直な話、私も「Web2.0って何?」と聴かれても明確な答えはわかりません。そもそもWeb2.0の定義自体があいまいなのだから仕方が無いですね。

 よく誤解されるのは、”2.0”というバージョン番号が付いているものだから、新しいソフトウェアか何かの話だと思われている方が多いです。Web2.0について語った多くの書籍やサイトがこの誤解を解いているので、改めて私が説明する必要はありませんが、一応触れておきますと、Web 2.0とは、何か新しいソフトが出るという話ではありません。ある日突然「今日からWebが2.0にバージョンアップしました。ブラウザを替えて下さい」なんてことにはなりません。

 「Web 2.0」は、米国のIT関連では有名な出版社「O'Reilly Media」社長、O'Reilly氏が、進化を続けるWeb技術に対して「Webってなんかバージョンアップした感があるよね。もう2.0って感じじゃないか」というノリで名前をつけたもので、特定の技術を指すものではないのです。

 O'Reilly氏は素晴らしいコピーライターだと思います。Web2.0はとてもインパクトの強いネーミングで、私も最初にWeb2.0という言葉を書籍で見つけたときは「なんだこりゃ?」と食いいるように記事を読んでしまいました。

 正直言って、Web2.0という言葉から受ける印象でその記事を読んでしまったものですから、何をさして議論がされているのかが、わかりませんでした。ただ、記事の最後に書いてあった言葉が、「Web2.0とはWeb業界の様々な新しい技術を総称した概念である」と書いてあり、特定の技術を捜し求めた私の記事の読み方が間違っており、それで理解ができなかったということを理解しました。

Web2.0の一応の定義

 それでも言葉としてWeb2.0と言うものがあるわけですから、何らかの定義はあるはずです。「Web2.0とはWeb業界の様々な新しい技術を総称した概念」というのも定義のひとつなのかもしれません。

 Web2.0があるのならば、Web1.0もあろうだろうと思い調べてみるとありました。ただ、それはWeb2.0をいう言葉を効果的に説明するための後付のようです。Web1.0というのは「従来のWeb」だそうです。なんだそれは!と思わず突っ込みたくなる説明です。もう少し判りやすくいうと「Web1.0というのはHTMLの時代」との事です。比較的おとなしい静的なWebです。メディアで考えると新聞とか雑誌がWeb1.0でにあたるのではないのかと思います。

 ちなみにこれも後付でしょうが「Web1.5」というものもあり「Flashなどを多用した動くWebサイト」を「Web1.5」と総称するそうです。これはメディアで考えるとテレビやビデオといったところでしょうか。

 そこでようやくWeb2.0の話になります。「Web2.0はユーザー参加型」「Web2.0は双方向性の充実」「Web2.0はユーザーフレンドリー」などと定義もいろいろあります。目指すところは「参加型のアーキテクチャ」であると言えそうです。

 「日経SYSTEMS 5月号」ではWeb2.0が体系付けてありました。そのコンセプトを見るとなんとなくWeb2.0が見えてきます。

Web2.0に現れる現象のキーワード例

 それを表す現象として、「マッシュアップ」「ロングテール」「フォークソノミー」というあまり聞き慣れない言葉が並んでいます。ただ意味を知れば、どれもが最近トレンドになっている現象に名前がついたものだとわかります。

マッシュアップ

 「マッシュアップ」とはポップミュージックの世界でアーティストやDJが2つの曲を合わせて、ひとつの曲を作ることを意味するそうです。Web2.0で使われる場合は公開されているサービス(WebAPI)を組み合わせて新たなサービスを作る事で、Googleなどが多彩なデータを比較的簡単にオンライン地図と統合できるツールを提供しており、様々な使い方がされています。

ロングテール

 「ロングテール」とは少数の上位のではなく、多数の下位を積み上げて価値を得る事です。ニッチな商品を数多く集める事により、ベストセラー商品の売上高を越えることです。よく例に出されるのがAmazonのモデルです。概念的な説明になってしまいますが、Amazonでは本屋をネットショップという形で運用し物流や保管コストを極限まで抑えています。よって、2:8の法則でいう8の方でも、そこからの売り上げを集積することにより価値を生み出しています。このような8の商品を認知して貰うためにWeb2.0の参加型「口コミ」が有効になってきます。

フォークソノミー

 「フォークソノミー」はユーザーが自由に付けたタグによって情報を分類するというものです。「タギング」とか「ソーシャルブックマーク」とかは聞いたことがありますが、それらの技術をもっと広い意味で捉えた現象が「フォークソノミー」と呼ばれるものです。

今回は現象までを整理しました。次回はその現象を実現していく技術に関して調べてみたいと思います。

参考
「日経SYSTEMS 5月号」

関連コラム
携帯サイトに人を集めるには(後編) 2007年07月30日記述
携帯サイトに人を集めるには(中編) 2007年07月23日記述
携帯サイトに人を集めるには(前編) 2007年07月09日記述
Web2.0的発想でのマーケティングモデル(後編) 2007年06月18日記述
Web2.0的発想でのマーケティングモデル(前編) 2007年06月11日記述
ネットとリアルを融合させる新しい動き 2007年05月08日記述
ネットビジネス成功に向けての私の思うこと 2007年04月23日記述
ネットビジネスを始める方へ 2007年04月16日記述
ネット(仮想社会)とリアル(実物社会)の融合 2007年03月12日記述
Web2.0でいわれる進歩的性善説とは 2007年03月05日記述
検索キーワードの選び方 2007年02月26日記述
Webサイトの集中化戦略と分散化戦略 2007年02月12日記述
個性を大切にする時代とロングテール 2007年02月05日記述
Web2.0の7つの定義をひとつのストーリに 2007年01月29日記述
携帯ネットビジネスの話題あれこれ 2007年01月15日記述
Web2.0的発想による口コミの見える化 2006年12月25日記述
ブログで世の中が見える 2006年11月27日記述
Web2.0の落とし穴とWeb2.0への批判 2006年09月18日記述
Web2.0が消費者に与える影響 2006年09月11日記述
Web2.0の基礎知識 2006年09月04日記述
ネットショップをAIDASで考える 2006年08月06日記述
ブログを商売に役立てる 2006年06月19日記述
RSSの活用範囲が広がっている 2006年05月29日記述
イントラブログで「暗黙知」を「形式知」へ 2006年05月22日記述
Web2.0に絡んでくると思われる技術 2006年05月08日記述
Web2.0とは、そしてWeb2.0にからむ現象 2006年05月01日記述
ビジネスブログに潜むリスク 2006年03月20日記述
総務省の事例集で見るビジネスブログの特徴 2006年03月13日記述
CGMの普及を後押しするWeb2.0とフィード 2006年01月30日記述
ブログとSNSの性格の違い 2005年12月05日記述
ブログとSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)2005年10月24日記述
ブログについて思うこと 2005年7月11日記述
実名でのネット活用促す総務省 2005年7月04日記述
RSSについて 2005年6月13日記述

2006年05月01日 宿澤直正


[事務所TOP] [上へ戻る]

Copyright (C) 2005 宿澤経営情報事務所