[事務所TOP] [上へ戻る]

ポイント:イントラブログ、ビジネスブログ、ブログポータル、RSS、ナレッジマネジメント、情報共有、暗黙知、形式知、表出化

イントラブログで「暗黙知」を「形式知」へ


ビジネスブログとイントラブログとは

 先週、あるフェアでイントラブログなるものを見てきました。その時は機能中心に見てしまったので、何が違うのか良くわかりませんでした。「ユーザーのアクセス制限ができることがイントラブログといわれるものなのかな。それならXoopsでもある程度できるけど・・・」と思っていたのですが、どうもそれだけではなさそうです。

 視点をもっと大きく「ナレッジマネジメントによる経営革新」と結びつけると、イントラブログのもつ意味が見えてきました。よく考えると、その時のセミナーで、「ナレッジマネジメントに関わる」説明もしていただいたのですが、すぐにはその効果が理解できず、自分の理解力の無さを寂しく思います・・・。

 まず、イントラブログといわれるものとは何かですが、簡単に言えば、イントラネットで使われるブログです(そのままですね・・・)。「日経ソリューションビジネス4/15号」にブログの守備範囲が広がっていく様子が図示されていました。

 2003年頃から「個人向け日記ツール」として登場したブログが、2004年以降ビジネスに活用できるということで「ビジネスブログ」が浸透してきました。もうこの時期から内部の情報共有にブログを活用している企業は多かったと思います。私の訪問していた企業でも何社かはそのような使い方をしていました。そういう意味では「イントラブログ」的な使い方は結構前からされていたと言えます。

 「日経ソリューションビジネス」では「ビジネスブログ」と「イントラブログ」を分けています。「ビジネスブログ」は社外の顧客や市場向けの情報発信やコミュニケーションといった外向け、「イントラブログ」は企業内ブログで社内の効率化や活性化といった内向けといった具合です。

 具体的には、「ビジネスブログ」は・・・

「イントラブログ」は・・・

・・・といった感じになっています。

イントラブログの機能

 イントラブログは様々な製品が出ているようです。というか「イントラブログ対応」といううたい文句のようでうね。イントラブログ対応のブログ製品の特徴をいくつかピックアップすると・・・

・・・など、いくつかあげられそうです。

 ただ、イントラブログ導入の最大のメリットは、「ブログインターフェースの利用」および「RSSの活用」と言えそうです。これは、イントラブログに限った機能ではなくブログのもつ特徴です(RSSはブログに限りませんが・・・)。

 つまり、イントラブログは「使い方の提言」で機能的に見た場合にあまり新しいものではないと思います。逆の言い方をすれば、イントラブログは「機能的」にみてはいけなくて、その使い方に注目すべきだと思います。

イントラブログは暗黙知収集に効果有り

 ナレッジマネジメントに関しては、私もいくつかコラムに書いていますが、暗黙知を形式知化して蓄積、活用を行っていくというものです。

 この「暗黙知を形式知化する」というフェーズがナレッジマネジメントの難しい部分の一つです。これまでどうしたら「暗黙知を形式知化できるか」を多くの人が議論してきました。私も「ナレッジ表出化シート」などをつくって、形式知化を試みています。

 ところが、ブログというものは「暗黙知」に近いままの状態でナレッジを蓄積することができます。「たかが日記ツール」と言っていたその気軽さが、ストレートな表現となり「暗黙知」近い形で表出化できるのです。

 これはブログがビジネスと関係の無い形で浸透していった背景にも関係しています。「日報を書いてください」と命令されるより「ブログに今日の出来事を書いてください」の指示の方が抵抗感無く、素直な気持ちで書く事ができるようです。

 もちろん、ビジネスブログにおけるリスクというものは残りますが、ブログを「暗黙知の共有」に利用する方法はナレッジマネジメントの視点から見れば斬新です。

 つくづくITは道具で使い方が大切だと思いました。

関連コラム
携帯サイトに人を集めるには(後編) 2007年07月30日記述
携帯サイトに人を集めるには(中編) 2007年07月23日記述
携帯サイトに人を集めるには(前編) 2007年07月09日記述
Web2.0的発想でのマーケティングモデル(後編) 2007年06月18日記述
Web2.0的発想でのマーケティングモデル(前編) 2007年06月11日記述
こだわりに賛同してくれるお客様が大切 2007年06月04日記述
「ネットの神」の心理と情報共有 2007年05月21日記述
ネットとリアルを融合させる新しい動き 2007年05月08日記述
ネットビジネス成功に向けての私の思うこと 2007年04月23日記述
ネットビジネスを始める方へ 2007年04月16日記述
ネット(仮想社会)とリアル(実物社会)の融合 2007年03月12日記述
Web2.0でいわれる進歩的性善説とは 2007年03月05日記述
検索キーワードの選び方 2007年02月26日記述
Webサイトの集中化戦略と分散化戦略 2007年02月12日記述
個性を大切にする時代とロングテール 2007年02月05日記述
Web2.0の7つの定義をひとつのストーリに 2007年01月29日記述
携帯ネットビジネスの話題あれこれ 2007年01月15日記述
Web2.0的発想による口コミの見える化 2006年12月25日記述
ブログで世の中が見える 2006年11月27日記述
コミュニケーションとIT活用で考える情報共有 2006年11月20日記述
Web2.0が消費者に与える影響 2006年09月11日記述
Web2.0の基礎知識 2006年09月04日記述
ネットショップをAIDASで考える 2006年08月06日記述
ブログを商売に役立てる 2006年06月19日記述
RSSの活用範囲が広がっている 2006年05月29日記述
イントラブログで「暗黙知」を「形式知」へ 2006年05月22日記述
Web2.0に絡んでくると思われる技術 2006年05月08日記述
Web2.0とは、そしてWeb2.0にからむ現象 2006年05月01日記述
ビジネスブログに潜むリスク 2006年03月20日記述
総務省の事例集で見るビジネスブログの特徴 2006年03月13日記述
CGMの普及を後押しするWeb2.0とフィード 2006年01月30日記述
企業向け検索ソフトの活用 2006年1月9日記述
ブログとSNSの性格の違い 2005年12月05日記述
ブログとSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)2005年10月24日記述
ブログについて思うこと 2005年07月11日記述
実名でのネット活用促す総務省 2005年07月04日記述
RSSについて 2005年06月13日記述
「情報」という経営資源の蓄積と活用 2005年05月02日記述
ナレッジマネジメントの「知」の発展 2005年03月07日記述
ナレッジマネジメントへの取り組み 2005年02月28日記述
ナレッジマネジメントが組織に根付かない理由を考える 2004年08月30日記述

2006年05月22日 宿澤直正


[事務所TOP] [上へ戻る]

Copyright (C) 2005 宿澤経営情報事務所