[事務所TOP] [上へ戻る]

ポイント:スマホを紛失した時の対策、パスコードの設定、リモートワイプの実施、iPhoneを探す、ローカルワイプの設定

万が一スマホを紛失した時の対策

本コラム「万が一スマホを紛失した時の対策」は2014年9月26日中部経済新聞「ナビゲーター」に掲載されました内容に一部加筆・修正したものです。


まずはパスコードの設定

便利なスマートフォンですが、業務利用の場合のリスクのひとつは紛失・盗難からの情報漏洩です。スマートフォンは紛失・盗難した時点で情報漏洩したとされるので、その対策は必須です。三つほど紹介したいと思います。

まずはパスコードの設定です。パスコードとはスマートフォンを使う際に入力する4桁の数字やパターンのことです。このパスコードを正しく入力しない限りは操作ができないので、最も基本的な対策です。

ただし、パスコードも絶対ではありません。例えばパスコードを入力する際にタッチパネルに指紋の跡がつき、そこからパスコードを推測されてしまう場合があります。他の対策と組み合わせることをお勧めします。

リモートワイプの実施

次はリモートワイプの実施です。ワイプとは“ワイパー(拭き取る)”からきており「消す」という意味です。リモートワイプはその名の通り「遠隔地から消す」ということです。つまり紛失・盗難に気付いた場合、通信回線を経由して中身を消去します。すべてのデータが消えるので痛みも伴いますが重要な情報が漏洩することはありません。

iPhoneの場合は「iPhoneを探す」、Andorid端末はGooglePlayの「Andoridデバイスマネージャー」からリモートワイプを実行できます。仕組みはサービスを立ち上げると地図が表示され、その上にGPSを使ってスマートフォンの現在位置が表示されます。

この段階で自分の「うっかり」に気付いて見つかればよいのですが、本当に盗難にあった場合は、意を決しリモートワイプを実行します。ただ、リモートワイプは電波が届かなかったり、通信ができない場合には実行ができません。そこでもうひとつの対策を紹介します。

ローカルワイプの設定

それがローカルワイプの設定です。例えばスマートフォンを盗んだ犯人は、使える状態にするためにパスコードを解除する行動に出ます。その際にでたらめに入力したパスコードの間違いが一定の回数を越えたら自動的に中身を消去する機能です。犯人の手元(ローカル)で中身を消去してしまうのです。パスコードの設定が必須ですが、悪意を持ってパスコードを解除しようとしている犯人には有効です。

] iPhoneの場合は、標準機能でローカルワイプの設定ができます。[パスコードロック]の画面で [データの消去]をオンにすれば、10回パスコードを間違えたら自動的に中身を消去してくれます。Androidの場合は、まだ標準機能としては提供されていないようですが、有償のGoogleのビジネス向けサービスであるGoogleApps for Businessを利用すれば実現可能です。

スマートフォンはその便利さゆえに急速に普及しています。その分、リスク対策が追い付いていないのが現状です。これからも継続して情報提供していきたいと考えます。

関連コラム
データと情報、そして知識、知恵へ 2015年01月13日記述
システム見積もりの留意点 2014年12月22日記述
時間管理とライフログ 2014年12月08日記述
プレゼンテーションソフトを使う狙いと留意点 2014年11月24日記述述
スマホの通信費を抑えるために 2014年11月10日記述
SNSに写真をアップするときに気を付けること 2014年10月27日記述
万が一スマホを紛失した時の対策 2014年10月14日記述
スマホのパスワードを肩越しに見られていませんか 2014年09月29日記述
電子メールと賢く付き合うには 2014年09月16日記述
役に立つ情報収集を実現する納得ノウハウ 2014年09月01日記述
IT活用はIT技術と人とのコラボレーション 2014年08月18日記述
IT活用が業務効率化で果たす役割を考える 2014年08月04日記述
隙間時間を有効活用しよう〜スマートフォンの活用 2014年07月21日記述
業務の効率化を進めるクラウドサービス 2014年07月07日記述
業務の効率化とコミュニケーション 2014年06月23日記述
業務フローから得られる効果とは 2014年06月09日記述
業務を『見える化』する業務フローとは 2014年05月26日記述
業務の『見える化』で得るもの 2014年05月12日記述
業務を複雑にするものと向き合う 2014年04月28日記述
ITによる業務効率化の第一歩 2014年04月14日記述

2014年10月14日 9/26寄稿へ加筆・修正


[事務所TOP] [上へ戻る]

Copyright (C) 2014 宿澤経営情報事務所