[事務所TOP] [コラム一覧へ]

ポイント:教え方、伝え方、リーダー、メンバー、具体性、MORSの法則、指示の出し方

「ちゃんとやりなさい」では動けない〜メンバーへの伝え方・教え方(2)


「ちゃんとやりなさい」では動けない三つのこと

「ちゃんとやりなさい」というだけではメンバーは動けないという問題提起から、メンバーに伝え教える際に「ちゃんとやりなさい」から脱皮するには、3つの事に気を付ける必要があると書きました。

前回の時事コラム「『ちゃんとやりなさい』では動けない〜メンバーへの伝え方・教え方(1)」では、三つのうち「一方的に話しては相手は納得できない」について考えました。

今回の時事コラムでは「なぜ、何を学ぶのかが曖昧では動けない」について考えてたいと思います。

なぜ、何を学ぶのかが曖昧では動けない

曖昧さを排除し具体化するために役立つ定義に「MORSの法則(具体性の法則)」というものがあります。

計測できる(Measured)、観察できる(Observable)、信頼できる(Reliable)、明確化されている(Specific)の4つの具体化の頭文字をとったものです。

「計測できる」とは、文字通り計測(カウント) できる、もしくは数値化できることを意味します。 「観察できる」とは、誰が見ても特定の行動をしているかどうかがわかるということです。 「信頼できる」は、複数の人が見て同じ行動だと認識できるということです。 「明確化されている」は「誰が何をいつまでにやるのか」といったことが明確であることです。

つまり「MORSの法則」は具体性を担保するだけはなく、できたかできていないかの評価(チェック)をしやすくします。

「もっと頑張れ」は禁句にする

「ちゃんとやりなさい」に通じる言葉ですが「もっと頑張れ」という言葉は具体的でない人のセリフです。 もちろん、軽い激励のつもりで言うこともあると思いますが、すでに頑張っているメンバーにこの言葉をかけるのは間違っています。

頑張っているメンバーに「もっと頑張れ!」と言っても、メンバーはこれ以上何を頑張ればよいかわかりません。

目の前にいるメンバーがなにに困り、なにをしたら成長になるのかを具体的に考えず、「もっと頑張れ」と言ってもメンバーの成長はありません。 「頑張れ」は禁句にしたことによって、リーダーもメンバーも具体的になにをするかを考えるようになっていく場面を幾度かみています。

普段から、次にすることを指示したり、「次になにをすればいいのか?」と質問したりすることで、自然とメンバーが日々の仕事で「次になにをすればいいのか」ということを自発的に考えはじめるようになります。

指示や伝えて際に気を付けること

私は、伝えて教える際に気を付けていることが二つあります。 実際には、なかなか上手くいかず、失敗ばかりですが…

ひとつは、今回の時事コラムのテーマでもありますが、抽象的な表現や指示語は使わない…ことです。

具体的な意図や行動を具体的な言葉で伝えれば、誰でも迷わず行動にうつることが可能になります。 細かすぎる伝え方や教え方は「説得」になってしまいますが、抽象的な表現や指示語は混乱を招きます。

たとえば「なるべく早く提出しなさい」「アンケートのサンプル数をもっと増やしてほしい」といった抽象的な表現や、「あの資料」「例の打ち合わせ」といった指示語も避けなけた方がよいでしょう。

もうひとつは「劣後順位(やらなくてよい順位)」を示すことです。 つまりは「やらなくていいこと」を明確に示してあげることです。 通常「絶対やってはいけないこと」は、はっきり伝えても「やらなくていいこと」までは気がまわらない人が多いです。

その結果、成果につながる行動以外のことに時間やエネルギーを割き、オーバーワークになっていることが考えられます。

次回は、「ちゃんとやりなさい」から脱皮するための三つのことの最後である「尊重の気持ちなしでは相手に届かない」について考えてみます。

関連コラム
メンバーへの教え方(1)〜「教える」とはメンバーの行動を変化せる〜 2017年05月20日記述
教わる相手の頭を一杯にしないための情報の取捨選択 2014年03月31日記述
チームリーダーのための意欲を引き出す教え方・伝え方(3) 2014年03月17日記述
チームリーダーのための意欲を引き出す教え方・伝え方(2) 2014年03月10日記述
チームリーダーのための意欲を引き出す教え方・伝え方(1) 2014年03月03日記述
「ちゃんとやりなさい」では動けない〜メンバーへの伝え方・教え方(3) 2013年11月11日記述
「ちゃんとやりなさい」では動けない〜メンバーへの伝え方・教え方(2) 2013年10月28日記述
「ちゃんとやりなさい」では動けない〜メンバーへの伝え方・教え方(1) 2013年10月21日記述
考えと行動を一致させ「悩み」を減らす 2011年05月15日記述
図解コミュニケーションのメリット「考えて、気付く」 2011年05月08日記述
他責ではなく自責で問題を考える 2011年05月01日記述
情報共有が生み出す好循環で組織を活性化 2007年12月24日記述
モチベーションを高め維持する(後編) 2007年09月10日記述
モチベーションを高め維持する(前編) 2007年09月03日記述
なぜ、メンタルヘルスが必要なのか? 2007年01月08日記述
物語のコミュニケーションがもつ意味と効果 2006年12月11日記述
相手を納得させるコミュニケーション 2006年12月04日記述
コミュニケーションとIT活用で考える情報共有 2006年11月20日記述
図解のポイントとその手順 2006年11月13日記述
コンサル活動と図解コミュニケーション 2006年10月30日記述
コミュニケーションを円滑にするには 2006年9月25日記述
改善行動がしやすい組織へ 2006年7月10日記述
変わっていく組織への意識の持ち方 2006年6月26日記述

関連提供サービス
セミナー「リームリーダーのための人を教える技術」

2013年10月28日 宿澤直正


[事務所TOP] [コラム一覧へ]

Copyright (C) 2013 宿澤経営情報事務所