[事務所TOP] [コラム一覧へ]

ポイント:教え方、伝え方、リーダー、メンバー、コミュニケーション、尊重の気持ち、「感謝」の気持ち

「ちゃんとやりなさい」では動けない〜メンバーへの伝え方・教え方(3)


「ちゃんとやりなさい」では動けない問題提起

一回飛びましたが、前々回、前回と時事コラム「ちゃんとやりなさい」では動けない〜メンバーへの伝え方・教え方に関しての問題提起とその対応について考えてきました。

その対応については三つの気を付けるべきことがあると書きました。

前々回では「一方的に話しては相手は納得できない」、前回は「何を学ぶのかが曖昧では動けない」について考えてみました。

今回は最後に残った「尊重の気持ちなしでは相手に届かない」について考えてみたいと思います。

尊重の気持ちなしでは相手に届かない

メンバーと本気で意思疎通をするには、メンバーに関心を持つことが何より大切です。 自分に関心がないリーダーのために、動くメンバーはいないと思います。 メンバーへの関心を持ち、メンバーを知り、メンバーが成長する道を一緒に考えていくことが必要となります。

そのためには、メンバーのよい箇所に目を向けるようにします。 リーダーの目はメンバーの短所を見つけるためにあるのではなく、メンバーの長所を見つけるためにあります。

メンバーの長所を知った上で指導をすると、メンバーは「リーダーは自分のために教えてくれている」と感じ、リーダーの言葉がメンバーの心により伝わっていくことになります。

リーダーはメンバーに関心をもち、よい箇所を見つけ、そして感謝をする…これが相手を尊重する気持ちにつながり、自分の言葉を相手に届けやすくしていきます。 相手に伝えたり、教えたりする際の一番大事な基本姿勢だと思います。

感謝の気持ちを伝える努力をしているか?

メンバーへの「感謝」が信頼を生むことにつながります。

ところで「感謝」の反対の言葉は何でしょうか? それは「当然」という言葉です。 「〜やって当然」「〜できて当然」と思っていると、メンバーに「感謝」することができません。 信頼関係を築くためにも、「当然」という感情を捨ててメンバーに「感謝」をすることが大切です。

しかし、「感謝」の気持ちは簡単に伝わるものではありません。 言葉としての「ありがとう」はもちろん、例えば、伝言メモに「〜の件、助かりました。ありがとう」と書いてみます。

たったそれだけのことで、リーダーとメンバーのコミュニケーションはよくなり、そしてコミュニケーションが深まれば仕事の効率アップにつながります。 リーダーとメンバーの信頼関係を築くためにもっとも重要な「ありがとう」という感謝の言葉こそ、あの手この手を使って、なんとか伝えようとする努力をするべきだと考えます。

メンバーが頑張ってくれたから感謝するのではなく、感謝するからメンバーが頑張ってくれることを忘れないようにしたいですね。

関連コラム
メンバーへの教え方(1)〜「教える」とはメンバーの行動を変化せる〜 2017年05月20日記述
教わる相手の頭を一杯にしないための情報の取捨選択 2014年03月31日記述
チームリーダーのための意欲を引き出す教え方・伝え方(3) 2014年03月17日記述
チームリーダーのための意欲を引き出す教え方・伝え方(2) 2014年03月03日記述
チームリーダーのための意欲を引き出す教え方・伝え方(1) 2014年03月03日記述
「ちゃんとやりなさい」では動けない〜メンバーへの伝え方・教え方(3) 2013年11月11日記述
「ちゃんとやりなさい」では動けない〜メンバーへの伝え方・教え方(2) 2013年10月28日記述
「ちゃんとやりなさい」では動けない〜メンバーへの伝え方・教え方(1) 2013年10月21日記述
考えと行動を一致させ「悩み」を減らす 2011年05月15日記述
図解コミュニケーションのメリット「考えて、気付く」 2011年05月08日記述
他責ではなく自責で問題を考える 2011年05月01日記述
情報共有が生み出す好循環で組織を活性化 2007年12月24日記述
モチベーションを高め維持する(後編) 2007年09月10日記述
モチベーションを高め維持する(前編) 2007年09月03日記述
なぜ、メンタルヘルスが必要なのか? 2007年01月08日記述
物語のコミュニケーションがもつ意味と効果 2006年12月11日記述
相手を納得させるコミュニケーション 2006年12月04日記述
コミュニケーションとIT活用で考える情報共有 2006年11月20日記述
図解のポイントとその手順 2006年11月13日記述
コンサル活動と図解コミュニケーション 2006年10月30日記述
コミュニケーションを円滑にするには 2006年9月25日記述
改善行動がしやすい組織へ 2006年7月10日記述
変わっていく組織への意識の持ち方 2006年6月26日記述

関連提供サービス
セミナー「リームリーダーのための人を教える技術」

2013年11月11日 宿澤直正


[事務所TOP] [コラム一覧へ]

Copyright (C) 2013 宿澤経営情報事務所