[事務所TOP] [上へ戻る]

ポイント:レビューミーティング、問題発見能力の高さをPR、参加者の集中力、表面的な欠陥、事前チェック、インスペクションプロセス

レビューミーティングでやってはいけない五つのこと(後編)


前回のコラムから、レビューミーティングでやってはいけない五つのことを、私の主観ですが、ちょっと泥臭い視点で考えています。 前回は五つのうち、二つについて考えてみました。 今回は残りの三つについて考えてみたいと思います。

3.成果物の品質アップの場、自己PRの場ではない。

これも少し泥臭い話ですが、レビューミーティングで指摘をどんどんし、自分の問題発見能力の高さをPRしてやろう!という人がいたとします。

レビューミーティングで指摘をどんどんとすることは悪いことはなく、むしろいいことです。 指摘がされないより、指摘がされるレビューミーティングの方が当然活性化します。

しかし、指摘する目的が「自分の問題発見能力の高さをPR」するとなると話は変わってきます。 その目的は「態度」に出ます。 上から目線の指摘に嫌な思いをする人もいるでしょう。 誰も好き好んで上から目線で欠陥を指摘されたい人はいないと思います。

指摘の目的は「成果物の品質アップ」であると意識して、レビューミーティングに参加すれば、それも「態度」に出ます。 そして、その気持ちは仲間にも伝わっていきます。

指摘の仕方一つで、相手への伝わり方も変わっていきます。 指摘の目的は「(仲間の)成果物の品質アップ」で、決して「自分の問題発見能力の高さをPR」する場ではないことを意識してレビューミーティングに参加したいです。

4.欠陥の指摘に集中できる場、耐久訓練の場ではない。

人間が集中できるには時間の限度があります。 レビューミーティングを何時間もぶっ続けで行うのは、指摘の効率を落としていきます。

普通の人ならば二時間もたてば、集中力がだんだんと落ちていくと感じます。 当たり前ですが、適度な休憩をとりながらレビューミーティングを進めていってほしいと思います。

また、レビューミーティングの参加者の集中力を高めるには他にも方法があります。 例えば、「部屋の空気を換気する」「空調の温度を少し落とす」「説明のスピードに変化を付ける」「少し体を動かす」…などです。

これらのキッカケはレビューミーティングでの司会者が配慮を行います。 レビューミーティングの参加者があくびをし始めたり、腕組みや足の組み替えを頻繁に行ったり、貧乏ゆすりを始めたら要注意です。

欠陥の指摘に集中できるよう、その場の環境にも気を付けていきたいです。

5.軽い欠陥を指摘すのではない、重大な欠陥を指摘する。

レビューミーティングで誤字脱字など表面的な欠陥しか指摘がされない、という問題もよく聞きます。 レビューミーティングで表面的な欠陥しか指摘がされない時は、参加者が事前に準備ができなかった場合が考えられます。

レビューミーティングの事前チェックの段階で、いかに表面的な小さな欠陥を指摘できるかがポイントです。 事前チェックの段階で小さな欠陥を指摘できていないとすると、レビューミーティングの段階で小さな欠陥も指摘しないといけない状況になります。 すると、レビューミーティングで大小合わせてたくさんの欠陥をしてしないといけないので、おのずと見つけやすい小さな欠陥の発見ばかりになってしまうのです。

事前チェックの段階で個人でも見つけられる小さな欠陥を指摘してあれば、レビューミーティングでは残った深い欠陥を指摘せざるを得ないことになります。

いかに事前チェックが大切かということです。 レビューの技法であるインスペクションのプロセスでは「事前準備の徹底」を求めています。 インスペクションが効率的に欠陥を見つけることができる一つの理由だと思います。。

レビューミーティングでやってはいけない五つのことを、私の主観ですが、ちょっと泥臭い視点で考えてみました。 何かのお役にたてれれば幸いです。

関連コラム
レビュー技法におけるチェックリストの役割 2015年11月01日記述
レビューを行う際の3つのポイント(4)〜意識(後編)〜 2015年06月01日記述
レビューを行う際の3つのポイント(3)〜意識(前編)〜 2015年04月01日記述
レビューを行う際の3つのポイント(2)〜技法〜 2015年03月02日記述
レビューを行う際の3つのポイント(1)〜視点〜 2015年02月02日記述
レビューミーティングでやってはいけない五つのこと(後編) 2014年02月17日記述
レビューミーティングでやってはいけない五つのこと(前編) 2014年02月10日記述
ITプロジェクトでの怖いもの〜担当者の抱え込みと放りっぱなし 2013年09月30日記述
レビュー技法のメリット・問題点(後編) 2013年09月23日記述
レビュー技法のメリット・問題点(前編) 2013年09月17日記述
なぜレビュー技法の種類を知るとよいのか 2012年11月15日記述
レビューが実施されない理由(後編) 2007年10月22日記述
レビューが実施されない理由(前編) 2007年10月08日記述
レビューの基礎知識 2007年10月01日記述
レビューが必要とされる理由 2007年05月14日記述

関連提供サービス
セミナー「システム開発におけるレビュー技法」

2014年02月17日 宿澤直正


[事務所TOP] [上へ戻る]

Copyright (C) 2014 宿澤経営情報事務所