[事務所TOP] [上へ戻る]

ポイント:攻めのIT活用、守りのIT活用、リスクの顕在化、IT活用の不安、ITを使う人の行動や感情、ITと人のコラボレーション

IT活用はIT技術と人とのコラボレーション

本コラム「IT活用はIT技術と人とのコラボレーション」は2014年8月8日中部経済新聞「ナビゲーター」に掲載されました内容に一部加筆・修正したものです。


攻めのIT活用と守りのIT活用

最新のIT技術を把握してそれを企業経営に使うことは、今や当たり前の取り組みとなっています。私たちは一つ一つのIT技術と向き合い、理解し、納得して使っていく必要があります。その際にはIT活用を攻めと守りの両面から考えます。攻めとはIT活用により企業が得られるメリットで、守りとはITを活用する際のリスク対策です。

通常は、まず攻めの方に目が向きます。しかし、どれだけメリットを得たとしても、それ以上のリスクに襲われたら、そのIT活用は失敗の烙印を押されます。攻めと守りをバランスよく行ってこそ、企業経営に役立つIT活用と言えるのです。その為、やや面倒くさい守りのIT活用にも時間をかけて検討を行うのです。

IT技術の検討を行っても顕在化するリスク

ITは高度な技術の集積で、一般的にその得体がよくわからず使う側としては不安です。特に最新のIT技術を使う際には不安も大きく、IT技術に関する調査・検討を重ねます。その検討段階で多くのリスクは洗い出され、その予防や対策を講じていきます。それでもリスクが顕在化は起きています。 

例えば、少し前の話ですが、東証マザーズ市場に新規上場されたジェイコム(当時)の株式において、証券会社の担当者が株価を誤って入力し、株式市場が混乱したことがありました。証券会社は400億円以上の損失を出したと言われています。

また、社会的に影響が大きくなっているベネッセの情報漏洩事件では、外部会社のSEが個人情報を持ち出したとして、その補償で260億円を計上するという大きなリスクが顕在化しました。

IT活用では人の行動や感情も考慮

IT技術に関する調査・検討を重ね、予防や対策を講じているにも関わらずリスクが顕在化するのは何故でしょうか? その理由のひとつにIT技術に関しての検討は重ねられていきますが、それを使う人の行動や感情に関しての検討は十分行われていない場合があるようです。

企業経営におけるIT活用は「IT技術とそれを使う人とのコラボレーション」です。どれだけIT技術を調べてリスク対策を検討したとしても、その対策にITを使う人の行動や感情の部分の検討が抜け落ちていては「画竜点睛を欠く」ことになってしまいます。

「ITは人の言うことをなんでも素直に聞く奴」です。現状では、ITは基本的に人の命令通りに動きます。人が明らかに間違った命令を下したとしても、それを素直に実行します。さらに言えば、人の価値観で「悪」に属する命令を下したとしても、ITはそれを「悪」だとは認識せずに実行してしまいます。

企業経営におけるIT活用で考える際の大切なことは、単に最新のIT技術を追うだけではなく、人がIT技術を使う場合の行動や感情も含む広い視点でみていくことです。それが、人が『納得』してIT技術を「活用」することだと考えます。

関連コラム
データと情報、そして知識、知恵へ 2015年01月13日記述
システム見積もりの留意点 2014年12月22日記述
時間管理とライフログ 2014年12月08日記述
プレゼンテーションソフトを使う狙いと留意点 2014年11月24日記述述
スマホの通信費を抑えるために 2014年11月10日記述
SNSに写真をアップするときに気を付けること 2014年10月27日記述
万が一スマホを紛失した時の対策 2014年10月14日記述
スマホのパスワードを肩越しに見られていませんか 2014年09月29日記述
電子メールと賢く付き合うには 2014年09月16日記述
役に立つ情報収集を実現する納得ノウハウ 2014年09月01日記述
IT活用はIT技術と人とのコラボレーション 2014年08月18日記述
IT活用が業務効率化で果たす役割を考える 2014年08月04日記述
隙間時間を有効活用しよう〜スマートフォンの活用 2014年07月21日記述
業務の効率化を進めるクラウドサービス 2014年07月07日記述
業務の効率化とコミュニケーション 2014年06月23日記述
業務フローから得られる効果とは 2014年06月09日記述
業務を『見える化』する業務フローとは 2014年05月26日記述
業務の『見える化』で得るもの 2014年05月12日記述
業務を複雑にするものと向き合う 2014年04月28日記述
ITによる業務効率化の第一歩 2014年04月14日記述

2014年08月18日 8/8寄稿へ加筆・修正


[事務所TOP] [上へ戻る]

Copyright (C) 2014 宿澤経営情報事務所