[事務所TOP] [上へ戻る]

ポイント:ビジネスでSNSを活用、SNSに写真をアップ、写真への写りこみから情報漏えい、Exif情報

SNSに写真をアップするときに気を付けること

本コラム「SNSに写真をアップするときに気を付けること」は2014年10月10日中部経済新聞「ナビゲーター」に掲載されました内容に一部加筆・修正したものです。


ビジネスでSNSを活用する際の注意

最近、リスクについてばかりを書いていますが、別にみなさんを脅しているわけではありません。企業において「攻め」と「守り」は経営の両輪です。明るい未来に向けての「攻め」例えば売り上げアップなどと比べて、「守り」つまりリスク対策は企業経営者にとって耳の痛い話であることも多々あります。

しかし、「守り」があっての「攻め」です。しっかり「守る」ためにはどんなリスクがあるか知り、どう対策をうつかのノウハウは知っておく必要があります。

今回はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に写真をアップする際に気を付けることについて説明します。FacebookやLINEといったSNSはいまや一般的にコミュニケーション、情報発信、情報共有ツールとして使われています。特に業務利用においては情報共有ツールとして利用している企業も多いようです。

もちろんSNSはアクセス制御をしっかり設定すれば、業務における情報共有ツールとしても活用ができます。ただ、使い方を間違えれば、情報漏えいの温床になってしまう可能性があることも知っておくといです。例えば「共有範囲の設定が、想定と異なり情報漏えいした」「情報がシェアされたことにより、予想外の場所に拡散した」などは考えやすいリスクです。

掲載した写真への写りこみから情報漏えい

そのリスクの一つに「掲載した写真への写りこみから情報漏えいした」があります。

例えば、仕事を連想できる文章とともに、ある企業の周囲で撮影した写真をSNSにアップした場合、その企業への訪問が特定される可能性があります。非常に機密性の高い業務を行っている企業では特定の人が訪問した事実すら機密情報になることがあります。

写真そのものに記録される情報からの漏えい

また、写真への写りこみではなく、写真そのものに記録される情報があります。それがよく言われる「写真から場所が特定できる」というものです。

具体的にはどんな情報が記録されるのでしょうか? 写真に記録される情報は「Exif(Exchangeable image file format)」といいます。写真用の様々な情報を格納する書式になります。 富士フイルムが開発し、当時の日本電子工業振興協会 (JEIDA)で規格化されました。

その中に、日時や位置情報(緯度、経度)、どんなメーカーのどんなカメラで撮った…などの情報が記録されます。また、Exif情報を取り出すことは非常に簡単です。「Exif 確認」と検索すれば多くのフリーソフトを見つけることができます。 SNSへアップした写真から場所や日時が特定されることでの情報漏えいの可能性も想定しておくべきです。SNSへアクセス制御なしに写真をアップするとは全世界に公開するとことです。

誰かが悪意を持ってその情報を利用することも想定し、写真への写りこみはもちろんのこと、Exif情報は記録しない設定で撮影するとよいと思います。

関連コラム
データと情報、そして知識、知恵へ 2015年01月13日記述
システム見積もりの留意点 2014年12月22日記述
時間管理とライフログ 2014年12月08日記述
プレゼンテーションソフトを使う狙いと留意点 2014年11月24日記述述
スマホの通信費を抑えるために 2014年11月10日記述
SNSに写真をアップするときに気を付けること 2014年10月27日記述
万が一スマホを紛失した時の対策 014年10月14日記述
スマホのパスワードを肩越しに見られていませんか 2014年09月29日記述
電子メールと賢く付き合うには 2014年09月16日記述
役に立つ情報収集を実現する納得ノウハウ 2014年09月01日記述
IT活用はIT技術と人とのコラボレーション 2014年08月18日記述
IT活用が業務効率化で果たす役割を考える 2014年08月04日記述
隙間時間を有効活用しよう〜スマートフォンの活用 2014年07月21日記述
業務の効率化を進めるクラウドサービス 2014年07月07日記述
業務の効率化とコミュニケーション 2014年06月23日記述
業務フローから得られる効果とは 2014年06月09日記述
業務を『見える化』する業務フローとは 2014年05月26日記述
業務の『見える化』で得るもの 2014年05月12日記述
業務を複雑にするものと向き合う 2014年04月28日記述
ITによる業務効率化の第一歩 2014年04月14日記述

2014年10月27日 10/10寄稿へ加筆・修正


[事務所TOP] [上へ戻る]

Copyright (C) 2014 宿澤経営情報事務所