[事務所TOP] [上へ戻る]

ポイント:ブログ、SNS、ソーシャル・ネットワーキング・サービス、仲間意識、コミュニケーションツール

ブログとSNSの性格の違い


ブログとSNSの利用者が増えている

 以前も似たようなテーマで書いたが、面白い記事があったので紹介したいと思う。日本経済新聞の11/28の記事によると、日本広告主協会のWeb広告研究会が調査を行なった結果、ブログの利用者が1年で倍増し、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用者は6倍になったそうである。

 ブログという言葉は2005年の流行語大賞のトップテンに入ってた。このニュースを見たときにブログは2004年の流行語大賞のトップテンにも入っていた気がして、ついホームページで確認してしまった。日経の記事によるとブログ利用者は1160万人から2014万人になったという事だから、2004年の段階で1160万人もブログ利用者がいたという事になる。十分ブームといえる人数のような気がするが、よく考えると私もブログについて企業から聞かれるようになったのは2005年の初めくらいからである。2004年は先がけ的にブログを書いていたヒトは大勢いても、まだ一般的でなかったという事なのであろう。

 簡単に更新できるWebサイトということで、パソコンに詳しくないヒトにもインターネットを身近にしたブログの功績は大変大きい。来年も引き続きブログの利用者は増えていくだろう。またブログをビジネスに活用する手法がもっと成熟し、そんなシーンももっと増えると思う。

ならば次に来るのはSNS?

 ブログは今後も成長していくとして、もう一方のSNSはどうであろうか? 実は2005年の11月くらいから、企業からSNSについて話してという話を頂くことが多い。ちょうど企業がブログについて話してと多く依頼していただいた2005年の初めに似ている。大体一年遅れである。ならば来年の流行語大賞トップテンにSNSは入るのだろうか?

 日経の記事によるとSNS利用者は31万人から、190万人の6倍になったという事である。6倍という数字のインパクトは凄いが、実数としては「まだまだなのかな」と感じてしまう。今後も着実に増えていくと思うが、ブログのような爆発的なブームにはならないと思う。

 ブログとSNSの違いは匿名性の有り無しで語られる事が多い。たしかに私も匿名性の有無がブログとSNSの大きな違いであると思う。これに関しては、私の時事コラム「ブログとSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)」で述べているのでそちらを参照していただけるとありがたい。

 私は、ブログとSNSは、もう一つ大きな違いがあると思う。それはサイト開設のプロセスである。ブログは一人でも「始めよう!」と思えば簡単に始める事ができる。ISPの提供する無料ブログサービスは百花繚乱という感じでどこにしようか迷ってしまうほどである。この「気楽さ」がブログの良いところだと思う。沢山の人に訪問してもらおうと思えば、いろいろ考える事が必要である。しかし、まずは今日の出来事を記す日記でも十分立派なブログである。

 一方のSNSは、そこまで気軽には始められない。まず構築であるが、SNSはブログのようにISPが無料サービスを提供しているわけでなく、自分でサイトを構築しなければならない。Xoopsに代表されるオープンソースのCMSが多くあるので、少し知識があれば難しい事ではないが、ISP提供の無料ブログサービスと比べると敷居は高い。そして運用であるが、ネット利用者にそれぞれのSNSへの参加をどのように促すかが難しい。私もここで頭を痛めることが多い。

ブログとSNSの性格

 それでもSNSは爆発的なブームにならなくてもジワリジワリと人数を増やし続けると思う。SNSのサークル的な仲間意識はとても強い。ブログのように誰でも参加ができる環境とは違い、SNSはある意味閉鎖的であるが、その分仲間意識を強くする。この部分を上手く活用して、ビジネスで成功しているSNSが増えてきている。

 必ずしも正しい表現ではないが、それらの機能を考えると、ブログで広く浅く人と付き合うもの、SNSは狭く深く付き合うものといえると思う。SNSを考えていると大学時代にはまっていた草の根BBSを思い出してしまった。

 前の時事コラムでも述べているが、ブログとSNSでどちらが良くてどちらが悪いという話をしているのではない事をくどいが付け加えておく。

関連コラム
携帯サイトに人を集めるには(後編) 2007年07月30日記述
携帯サイトに人を集めるには(中編) 2007年07月23日記述
携帯サイトに人を集めるには(前編) 2007年07月09日記述
Web2.0的発想でのマーケティングモデル(後編) 2007年06月18日記述
Web2.0的発想でのマーケティングモデル(前編) 2007年06月11日記述
ネットとリアルを融合させる新しい動き 2007年05月08日記述
ネットビジネス成功に向けての私の思うこと 2007年04月23日記述
ネットビジネスを始める方へ 2007年04月16日記述
ネット(仮想社会)とリアル(実物社会)の融合 2007年03月12日記述
Web2.0でいわれる進歩的性善説とは 2007年03月05日記述
検索キーワードの選び方 2007年02月26日記述
Webサイトの集中化戦略と分散化戦略 2007年02月12日記述
個性を大切にする時代とロングテール 2007年02月05日記述
Web2.0の7つの定義をひとつのストーリに 2007年01月29日記述
携帯ネットビジネスの話題あれこれ 2007年01月15日記述
Web2.0的発想による口コミの見える化 2006年12月25日記述
ブログで世の中が見える 2006年11月27日記述
Web2.0の落とし穴とWeb2.0への批判 2006年09月18日記述
Web2.0が消費者に与える影響 2006年09月11日記述
Web2.0の基礎知識 2006年09月04日記述
ネットショップをAIDASで考える 2006年08月06日記述
ブログを商売に役立てる 2006年06月19日記述
RSSの活用範囲が広がっている 2006年05月29日記述
イントラブログで「暗黙知」を「形式知」へ 2006年05月22日記述
Web2.0に絡んでくると思われる技術 2006年05月08日記述
Web2.0とは、そしてWeb2.0にからむ現象 2006年05月01日記述
ビジネスブログに潜むリスク 2006年03月20日記述
総務省の事例集で見るビジネスブログの特徴 2006年03月13日記述
CGMの普及を後押しするWeb2.0とフィード 2006年01月30日記述
ブログとSNSの性格の違い 2005年12月05日記述
ブログとSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)2005年10月24日記述
ブログについて思うこと 2005年7月11日記述
実名でのネット活用促す総務省 2005年7月04日記述
RSSについて 2005年6月13日記述

2005年12月05日 宿澤直正


[事務所TOP] [上へ戻る]

Copyright (C) 2005 宿澤経営情報事務所