[事務所TOP] [上へ戻る]

ポイント:アフェリエイト、ネットオークション、ドロップシッピング、ショッピングモール、ネットショップ、「やり抜く決意」と「基本的な心構え」

ネットビジネスを始める方へ


様々な収益モデル

 ネットビジネスには様々な収益モデルが出てきています。いろいろな分類方法があると思いますが、私の独断的なカテゴライズによると、収益モデルは以下の6つぐらいかなと思っています。

 私の独断的なカテゴライズの定義を書かないと、境界線が曖昧な分類がありますね。また、後日のコラムで個々の収益モデルを説明したいと思います。

 ここであげた方法はWebサイトで直接収益をあげる方法です。Webサイトをビジネスに使う場合、サイトで直接収益をあげなくても、情報発信する、顧客とのコミュニケーションツール、マーケティングツールに活用するという方法もあります。

 今回、私が言っているネットビジネスとは先にあげたようなWebサイトで直接収益をあげることについてです。ネットビジネスはドロップシッピングのように新しいモデルも一般的になってきて、活況を呈しています。これから新しくネットビジネスを始めてみようという方も多いと思います。余計なお節介ですが、その様な方々に今回と次回のコラムで私の思うところを伝えたいと思います。また、ネットビジネスをあきらめてしまった方にも参考にしていただけたらと思います。

お気軽(?)に始められるネットビジネス

 最近、本屋に行くと「ネットで副業! 月○○万を簡単のGET!」などのタイトルを冠した本が山積みになっています。確かにネットで多くの収益を得ている成功者はいます。しかし、実際には月1万円以上の収益を上げている人は10%に満たないそうです。いわゆるネットで収益を上げている人は、みんな工夫や努力をした結果なのです。ですから、本のタイトルによくある「簡単にGET!」というキーワードは少し疑問です。

 私は、これからネットで収益をあげるチャレンジしようとしている人達を脅している訳ではありません。目の前にチャンスがあるわけですから、是非、チャレンジして欲しいと思います。ただ、チャレンジするならば「決意」が必要です。なんとなく始めて、なんとなく運用して、大成功・・・という人は少ないと思います。

 「私は気楽に始めました」という人で成功している方もみえます。そういう方は「自分の好きな商材を選び、それが市場ニーズにマッチした」人です。「好きこそ物の上手なれ」で、そのような方々は自然に自分の言葉で商品の良いところを説明しています。

 実はここに「ネットビジネス成功」のヒントがあります。「自分の好きな商材を選び、それが市場ニーズにマッチする・・・」 これがネットビジネス成功の秘訣だと思います。商品の説明も上手な文書である必要はありません。ポイントは自分の言葉で想いで語っているかだと思います。

 ネットビジネスでは、成功に向けて様々なテクニック(ノウハウ)といわれるものがあります。でも、それを知る前に、お店としての背骨である「だれに、何を、どうのように」という基本コンセプトを明確にする必要があります。ネットビジネスを始めるという事は「お店を開く」「起業する」と同じなのです。基本コンセプトが明確になってこそ、テクニック(ノウハウ)が有効になると私は考えています。

「やり抜く決意」と「基本的な心構え」

 先ほど「決意」という言葉を使いました。「決意」という言葉は普段私はめったに使いません。非常に強い言葉だからです。本当に必要なときに「切り札」のように使います。ただ「ネットビジネスを選んだのは簡単に安く始められるから・・・」という人と時々出会います。その時には、この「決意」という「切り札」をいきなり使います。

 「簡単にGET!」というキーワードが本屋に踊っていますが、そんなに「簡単」ではないのです。最初に、「やり抜く決意」がないとネットビジネスは続かないのです。これが店舗や大きな設備投資が必要な起業であれば、起業家は必死になって努力と工夫をするでしょう。しかし、ネットビジネスは最初の初期投資が少ない分、簡単にあきらめてしまう人も多いです。

 簡単にあきらめてしまい「無駄なお金と労力を使った・・・」とガッカリしている方がいます。そういう方は、もう一度「やり抜く決意」と「基本的な心構え」を考えて、ネットビジネスに再チャレンジ(?)してみませんか。

 次回のコラムでは、ネットビジネス成功に向けての「基本的な心構え」について、私の思うところを書いてみたいと思います。

関連コラム
携帯サイトに人を集めるには(後編) 2007年07月30日記述
携帯サイトに人を集めるには(中編) 2007年07月23日記述
携帯サイトに人を集めるには(前編) 2007年07月09日記述
Web2.0的発想でのマーケティングモデル(後編) 2007年06月18日記述
Web2.0的発想でのマーケティングモデル(前編) 2007年06月11日記述
ネットとリアルを融合させる新しい動き 2007年05月08日記述
ネットビジネス成功に向けての私の思うこと 2007年04月23日記述
ネットビジネスを始める方へ 2007年04月16日記述
ネット(仮想社会)とリアル(実物社会)の融合 2007年03月12日記述
Web2.0でいわれる進歩的性善説とは 2007年03月05日記述
検索キーワードの選び方 2007年02月26日記述
Webサイトの集中化戦略と分散化戦略 2007年02月12日記述
個性を大切にする時代とロングテール 2007年02月05日記述
Web2.0の7つの定義をひとつのストーリに 2007年01月29日記述
携帯ネットビジネスの話題あれこれ 2007年01月15日記述
Web2.0的発想による口コミの見える化 2006年12月25日記述
ブログで世の中が見える 2006年11月27日記述
Web2.0の落とし穴とWeb2.0への批判 2006年09月18日記述
Web2.0が消費者に与える影響 2006年09月11日記述
Web2.0の基礎知識 2006年09月04日記述
ネットショップをAIDASで考える 2006年08月06日記述
ブログを商売に役立てる 2006年06月19日記述
RSSの活用範囲が広がっている 2006年05月29日記述
イントラブログで「暗黙知」を「形式知」へ 2006年05月22日記述
Web2.0に絡んでくると思われる技術 2006年05月08日記述
Web2.0とは、そしてWeb2.0にからむ現象 2006年05月01日記述
ビジネスブログに潜むリスク 2006年03月20日記述
総務省の事例集で見るビジネスブログの特徴 2006年03月13日記述
CGMの普及を後押しするWeb2.0とフィード 2006年01月30日記述
ブログとSNSの性格の違い 2005年12月05日記述
ブログとSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)2005年10月24日記述
ブログについて思うこと 2005年7月11日記述
実名でのネット活用促す総務省 2005年7月04日記述
RSSについて 2005年6月13日記述

2007年04月16日 宿澤直正


[事務所TOP] [上へ戻る]

Copyright (C) 2007 宿澤経営情報事務所