[事務所TOP] [上へ戻る]

ポイント:携帯ネットビジネス、市場規模、モバイルビジネス、モバイルコンテンツ、モバイルコマース、携帯サイト検索サービス、携帯とPCの連携

携帯ネットビジネスの話題あれこれ


携帯ネットビジネスの市場拡大

 ここ数ヶ月で携帯ネットビジネスに関しての仕事が数件あり、継続していろいろ調べています。携帯ネットビジネスの市場が急速に拡大する中、その市場に参入を考える人が、かなり増えてきています。またWeb2.0の7つの定義に「単一デバイスの枠を超えたソフトウェア」とあり、パソコンに限定されず、携帯電話やPDA、デジタル家電にも提供されるサービスが増えていく、という話も携帯ネットビジネスへの関心の高まりを後押ししているように思います。

 半年ぐらい前になりますが、「モバイルコンテンツの産業構造実態に関する調査結果」が発表されました。半年前なので、もう既に少しデータが古いのかもしれませんが、急速に携帯ネットビジネスの市場が拡大している事がわかります。この調査の冒頭に「本調査は、携帯電話インターネットのいわゆる「公式サイト」上で展開されるビジネス(モバイルビジネス)を対象として実施。」とあるので、実際の市場規模はもっと大きいのではないかと思います。

 調査では、モバイルビジネスを「モバイルコンテンツ」と「モバイルコマース」に分けています。モバイルコンテンツとは、着信メロディ、着うた、モバイルゲーム、静止画(待ち受け画像、グラビア等)、動画、占い等を指しています。一方のモバイルコマースは物販系(通販)、サービス系(チケット、旅行宿泊予約等)、トランザクション系(証券取引、オークション等)を指しています。今、私のところにきている案件は、ほとんどが物販系、サービス系です。

 トランザクション系は個人投資家の増加を背景に爆発的に増えています。ただし、物販系、サービス系も市場規模の拡大割合としては驚異的な数字です。詳しくは先の総務省の調査のページを参照してください。

物販系 1,542億円 前年比 59%(573億円)増
サービス系 1,646億円 前年比 39%(463億円)増
トランザクション系 886億円 前年比 100%(445億円)増

 これまでモバイルビジネスを支えてきたのでは、着信メロ、着うた、モバイルゲームといったモバイルコンテンツだと思います。これらの市場も継続して成長していくと思います。それにモバイルコマース市場の急成長を加え、全体のモバイルビジネスの市場が大きく拡大していく事になると思います。

検索サービスは携帯ネットビジネスの転換点かも

 携帯サイトにもキーワード検索機能がついたのは、よく知られていると思います。私はauを使っていますが、ある日、突然Googleの検索窓がついて驚きました。Googleの機能によってPCサイトの内容が携帯サイトとして見えるので、PCサイトで情報を探すことが慣れている私には重宝しています。

 まだまだ携帯サイトではディレクトリ検索が主流です。しかし、携帯サイトの検索サービスが充実してくると、携帯向けのSEO/SEMなどのテーマが出てくるかもしれません。現状ではPCサイトでのSEO対策と携帯向けSEO対策に大きな違いはなさそうです。しかし前述しましたが、携帯サイトの検索サービスはこれからもっと充実してきます。それにともなって、携帯ならではのサービスを展開するサイトが上位に表示されるような検索エンジンの登場も考えられます。そうすると、今の携帯ネットビジネスの有り方が大きく変わってくるのではないかと思います。

携帯ネットビジネスとPCネットビジネスの連携

 ネットインフラ整備の進行、ブログやSNSの登場・普及で、PCネットビジネスも大きく市場を増やしつつあります。今は携帯ネットビジネス、PCネットビジネス両方から目が離せません。携帯ネットビジネス、PCネットビジネスにはそれぞれメリット・デメリットがあります。それを活かしながら全体のビジネスモデルを作っていく必要があります。

 よく言われる、携帯とPCをそれぞれ端末として使った場合の違いですが、以下のような事があげられます。

■PC ■携帯

 特に、携帯は「常に持ち歩いている」ということが大きな特徴だと思います。「常に持ち歩いている」端末への情報提供ということでいろいろなビジネスモデルが考えられます。リアルタイムの携帯、情報量のPCという棲み分けが一つの考え方としてすることができます。

 また、携帯メールの開封率が約8割であると言う事も大きな特徴です。最近のPCメールはスパムメールが多くて、タイトルだけでメールを消してしまう場合が多いです。携帯メールの場合は、まだそこまでスパムメールが多いわけではないので、開封率が高いのだと思います。

 携帯ネットビジネスは、既に仕事の依頼も数件きており、力を入れていかなければならないテーマです。今後も情報提供を続けていきたいと思います。

参考

「モバイルコンテンツの産業構造実態に関する調査結果(総務省)」
「月間ネットショップ&アフェリ 2006年10月号(サイビス)」

関連コラム
携帯サイトに人を集めるには(後編) 2007年07月30日記述
携帯サイトに人を集めるには(中編) 2007年07月23日記述
携帯サイトに人を集めるには(前編) 2007年07月09日記述
Web2.0的発想でのマーケティングモデル(後編) 2007年06月18日記述
Web2.0的発想でのマーケティングモデル(前編) 2007年06月11日記述
ネットとリアルを融合させる新しい動き 2007年05月08日記述
ネットビジネス成功に向けての私の思うこと 2007年04月23日記述
ネットビジネスを始める方へ 2007年04月16日記述
ネット(仮想社会)とリアル(実物社会)の融合 2007年03月12日記述
Web2.0でいわれる進歩的性善説とは 2007年03月05日記述
検索キーワードの選び方 2007年02月26日記述
Webサイトの集中化戦略と分散化戦略 2007年02月12日記述
個性を大切にする時代とロングテール 2007年02月05日記述
Web2.0の7つの定義をひとつのストーリに 2007年01月29日記述
携帯ネットビジネスの話題あれこれ 2007年01月15日記述
Web2.0的発想による口コミの見える化 2006年12月25日記述
ブログで世の中が見える 2006年11月27日記述
Web2.0の落とし穴とWeb2.0への批判 2006年09月18日記述
Web2.0が消費者に与える影響 2006年09月11日記述
Web2.0の基礎知識 2006年09月04日記述
ネットショップをAIDASで考える 2006年08月06日記述
ブログを商売に役立てる 2006年06月19日記述
RSSの活用範囲が広がっている 2006年05月29日記述
イントラブログで「暗黙知」を「形式知」へ 2006年05月22日記述
Web2.0に絡んでくると思われる技術 2006年05月08日記述
Web2.0とは、そしてWeb2.0にからむ現象 2006年05月01日記述
ビジネスブログに潜むリスク 2006年03月20日記述
総務省の事例集で見るビジネスブログの特徴 2006年03月13日記述
CGMの普及を後押しするWeb2.0とフィード 2006年01月30日記述
ブログとSNSの性格の違い 2005年12月05日記述
ブログとSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)2005年10月24日記述
ブログについて思うこと 2005年7月11日記述
実名でのネット活用促す総務省 2005年7月04日記述
RSSについて 2005年6月13日記述

2007年01月15日 宿澤直正


[事務所TOP] [上へ戻る]

Copyright (C) 2007 宿澤経営情報事務所