[事務所TOP] [上へ戻る]

ポイント:Web2.0、集中化戦略、分散化戦略、検索エコノミー、ディレクトリ検索、キーワード検索

Webサイトの集中化戦略と分散化戦略


Webサイトとそれを構成するWebページ

 Web1.0とWeb2.0とよばれるWebサイトの大きな違いにサイト戦略があります。Web1.0は集中化戦略、Web2.0は分散化戦略をとると言われています。Webサイトの集中化戦略と分散化戦略を考える前に、Webサイトとは何か、そしてディレクトリ検索、キーワード検索の違いを知っておく必要があります。

 Webサイトとは、「Webページが目的 (意味) を持った集合体」です。よく、ホームページを公開したという場合はWebサイトを指していることが多いです。そして、Webサイトの構造上、頂点に位置するページをトップページといいます。雑誌でいえば表紙のようなもの、家でいえば玄関のようなものです。ただ、表紙だけの雑誌は存在しないように、雑誌には、情報を伝えるページが必要となります。

 Webサイトの場合も、トップに位置するWebページ(トップページ)と、その下に存在する情報提供やネットショッピングなどのWebページから構成されます。まず、Webサイトの意味と、トップページとその下にある情報提供ページの関係をイメージしてください。

ディレクトリ検索、キーワード検索の違い

 ディレクトリ型(階層型)は、ジャンル別に登録されたトップページを、階層を下りながら捜していくものです。現在はキーワード検索に主力を移行させましたが、以前のYahooがその代表格です。探す目的が明確な場合は、ディレクトリ型で探すとよいとされています。また、人が審査するため、安心感というメリットもあります。ただ、登録の件数はロボット型に比べて少なくなってしまいます。

 一方のキーワード検索は独自の情報収集プログラムが一定のルールに従って定期的にインターネットを徘徊して、俳諧時に取得した情報を、検索サイトのデータベースに自動で登録します。キーワード検索には階層という概念はなく、全てのページを平等に検索していきます。どんなWebサイトも登録してしまうので、ディレクトリ型に比べて危険度が高いですが、登録されているWebサイトの数は、ディレクトリ検索に比べて圧倒的に多いです。Googleがその代表格です。求める回答が自分の中でイメージできていない場合などには、キーワード検索がよいとされています。

YahooとGoogleのトップページの違い

では、これらを踏まえて、YahooとGoogleのトップページを見てみます。

トップページ比較

 明らかに、トップページの情報量の違いがわかります。Yahooの場合はトップページに情報を集中させています。これはもともとインターネットで情報を探す場合に、Yahooに代表されるようなディレクトリ検索が主流だったためです。ディレクトリ検索では、トップページに情報を集中させて、そこから階層的に情報を探していく。つまり情報を探すためのスタート地点は常にトップページなのです。

 その結果、Yahooのトップページは、Yahooに登録されている膨大なWebサイトのトップページのトップページといえる状態になっています。その広大なピラミッド構造の頂点に立つのがYahooのトップページなのです。そのサイトの価値たるや恐ろしいものになります。TV広告を出すよりも、Yahooのトップページに広告を出すほうが価値が高いと言われるのもわかる気がします。

キーワード検索登場による変化

 しかし、キーワード検索のGoogleの登場により、状況が変わってきています。キーワードで検索をするキーワード検索では、必ずしもトップページがヒットするとは限りません。ページの数で言えば、トップページではない下位ページをヒットすることの方が多のです。その結果、Web2.0的なWebサイトでは、トップページを重視せず、その下位にある全てのページを情報提供ページとして平等に扱うようになっています。

検索のされ方

 現在、ユーザの約4〜5割以上がキーワード検索で必要な情報提供ページにたどり着いていると言われています。この状況からトップページだけでなくその下位にある情報提供ページの重要性がわかりますが、多くの企業ページは、未だにトップページに情報を集約するつくりになっています。トップページからの企業が望む理想的なサイト巡回をユーザに期待しているのです。しかし、ユーザは期待通りにはサイト巡回を行ないません。今後は情報提供ページを増やし、その質を高めるサイトづくりが必要となってくると考えられます。

 ただ、ひとつの注意点として、Web1.0的な集中化戦略がなくなるとは思いません。情報が集約されたページは「まずはこのページ」というユーザに安心感をあたえます。特に日本ではこの傾向が強いようです。これを象徴するように、YahooはWebブラウザを開いたときに最初に表示されるページとして日本で圧倒的に多く登録されています。

関連コラム
携帯サイトに人を集めるには(後編) 2007年07月30日記述
携帯サイトに人を集めるには(中編) 2007年07月23日記述
携帯サイトに人を集めるには(前編) 2007年07月09日記述
Web2.0的発想でのマーケティングモデル(後編) 2007年06月18日記述
Web2.0的発想でのマーケティングモデル(前編) 2007年06月11日記述
ネットとリアルを融合させる新しい動き 2007年05月08日記述
ネットビジネス成功に向けての私の思うこと 2007年04月23日記述
ネットビジネスを始める方へ 2007年04月16日記述
ネット(仮想社会)とリアル(実物社会)の融合 2007年03月12日記述
Web2.0でいわれる進歩的性善説とは 2007年03月05日記述
検索キーワードの選び方 2007年02月26日記述
Webサイトの集中化戦略と分散化戦略 2007年02月12日記述
個性を大切にする時代とロングテール 2007年02月05日記述
Web2.0の7つの定義をひとつのストーリに 2007年01月29日記述
携帯ネットビジネスの話題あれこれ 2007年01月15日記述
Web2.0的発想による口コミの見える化 2006年12月25日記述
ブログで世の中が見える 2006年11月27日記述
Web2.0の落とし穴とWeb2.0への批判 2006年09月18日記述
Web2.0が消費者に与える影響 2006年09月11日記述
Web2.0の基礎知識 2006年09月04日記述
ネットショップをAIDASで考える 2006年08月06日記述
ブログを商売に役立てる 2006年06月19日記述
RSSの活用範囲が広がっている 2006年05月29日記述
イントラブログで「暗黙知」を「形式知」へ 2006年05月22日記述
Web2.0に絡んでくると思われる技術 2006年05月08日記述
Web2.0とは、そしてWeb2.0にからむ現象 2006年05月01日記述
ビジネスブログに潜むリスク 2006年03月20日記述
総務省の事例集で見るビジネスブログの特徴 2006年03月13日記述
CGMの普及を後押しするWeb2.0とフィード 2006年01月30日記述
ブログとSNSの性格の違い 2005年12月05日記述
ブログとSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)2005年10月24日記述
ブログについて思うこと 2005年7月11日記述
実名でのネット活用促す総務省 2005年7月04日記述
RSSについて 2005年6月13日記述

2007年02月12日 宿澤直正


[事務所TOP] [上へ戻る]

Copyright (C) 2007 宿澤経営情報事務所