Search


Archives

2006年3月28日

「よいもの」はやがて当たり前になる

 バランススコアカードを付録的に、あちこちで話しているのですが、ちゃんと公演形式で話したくて資料を作っています。「いまさら、バランススコアカード?」という声が聞こえてきそうですが、新しい経営の考え方は日々出てきており、バランススコアカードがあまり耳に入ってこなくなってきたのは、この考えがかなり浸透してきて、目新しいものでなくなったためだと思います。浸透してきたということは「やっぱりいい考え方」なのだと思います。

 そういう意味ではナレッジマネジメントも同じだと思います。「ナレッジマネジメント」という単語はあまり聞かなくなりましたが、「知識経営」だとか「ナレッジワーカー」「知的資産」だとかはよく聞きます。書籍とかでは、新しい言葉がなんとなく先進的で売れるのでしょうね。ただ、根本は変わりません。

 事務所にきた問合せで根本的に「したい事」をたどっていくと「バランススコアカード」だったり「ナレッジマネジメント」だったりします。「バランススコアカード」も「ナレッジマネジメント」も経営自体を変えていく「考え方」です。自社にあわせてじっくり考えていく必要があります。

 作業がつまってきたのですが、いろいろ訪問するのは今しかないと、いろいろアポの電話を入れました。電話越しですが、いろいろな方と話ができてよかったです。今週、来週にかけて、いくつか訪問させていただきます。その中で、お世話になっている社長から経営研究会へのお誘いがありました。いろいろな社長が見えるようなので、勉強になると思います。公演もあるようですが、一度お会いしたいと思っていた方なのでこちらも楽しみです。